takanoブログ

web で何か役に立つことを、思いついたら書くブログ

twitter:@takano_seo

公式 SEO 入門ガイドと最新 SEO 情報の仕入れ方(初心者~中級者向け)

こんにちは。takanoです。

今日は公式 SEO 入門ガイドと最新 SEO 情報の仕入れ方というテーマで、私が普段からウォッチしている情報源をまとめてみたいと思います。
初心者~中級者向けということで一部省いている部分もありますが、これだけカバーしておけば、SEO 界隈の基本的な会話にはついていけます。
(私も中級者です)

※ 紹介させていただくサイト・Twitter アカウントの所有者様、問題がある場合には削除しますので、お手数ですがご一報ください

はじめに

こんなお悩みありませんか?

  • SEO って何から覚えれば良いの?
  • 用語が多くて難しい!
  • みんな言うことバラバラで何が正解かわからない…

Google 公式の情報以外にも SEO コンサルやツールベンダー、アフィリエイターなど、様々な人たちが各自の解釈した情報を発信するので、何を信じれば良いのか分からない状況が発生しています。
もちろん良質な記事・情報を発信している SEO 関係者も多く存在しますが、ある程度の予備知識が無いと信じられる情報かどうかの目利きができないので、これから SEO を担当する方や個人で独学されている方には厳しい界隈です。

私は個人的に SEO というか検索にまつわる話が好きです。検索エンジンを通してユーザーが求める Web サイトを探ることで、結果的に良い Web サイトを作ることができますし、逆もまた然りです。また、検索には最新の技術が惜しみなく投入されてくるので、技術者としての好奇心も満たしてくれます。検索結果では良いものも良くないものも見ることができますが、それを通して Google 検索の今の限界を確認できたり、フィードバックによって改善の小さなお手伝いもできます。
中小企業の商業的な文脈では SEO の施策は広告と比べて CPA がどうとかの観点で比較されがちですが、検索は既に人々の生活の一部なので、インフラという意味で広告とは違う立ち位置にあると感じています。(広告はインフラの中に存在するオプションで、ソーシャルでも同様)

上記の理由により、SEO は一部のマニアックな人のものでなく、Web サイトを運営する人間には必須の教養と感じているので、今回まとまった形で情報源として活用できる記事を目指してみました。

Google 公式の SEO 情報

Twitter で自称コンサルの人の意見は鵜呑みにするのに、 Google 公式のヘルプ記事は見ない人が多いようにも感じます。
Google 検索ではヘルプやガイド、ブログなど色々なチャンネルで情報を発信しているので、まずは基本的なルールを知るという意味で公式情報から確認しましょう!

Google 検索の仕組み

意外なことに、Google 検索は、その内部的な仕組みの概要を公開しています。SEO検索エンジン最適化)の話をする前に、まずは検索エンジンの仕組みについて学ぶのは必須です。

Google 検索ガイドライン

このガイドラインを起点に、その他の細かいヘルプへ誘導してくれます。個別のヘルプを読む前に、このガイドラインの構成を頭に入れておくと、Google 検索が各個別の事象をどう捉えているか知ることができます。

Search Console ヘルプ

これも意外かもしれませんが、ヘルプ記事がとても充実しています。キーワードによっては Google 検索上で少し弱いので、ヘルプ内の検索も併用するのがオススメです。

開発者向けサイト

実際にサイト内に Google 検索向けの仕様を実装する際には、このサイトが役に立ちます。自身が技術に詳しくない場合はエンジニアの人と一緒に見るとスムーズに説明できるはずです。(特に構造化データ実装の際はサンプルコード付きなのでオススメ)

Google ウェブマスター向け公式ブログ

公式なお知らせは、主にここで発信されます。最初に英語版が出てから日本語版に翻訳されることが多いので、先に英語版で読むときは、段落ごとに Google 翻訳 が便利です。
過去記事に重要なことが書いてある場合も多いので、右カラムにある「検索」と「ラベル」をうまく活用しましょう。

ウェブマスター ヘルプ コミュニティ

Google 検索に詳しい人(エキスパート)に質問できたり、過去の質問や回答を検索できます。

主な活用方法
  1. 過去の投稿を検索、似た事例の回答を探す(トレンドも分かる)
  2. それでも解決しない場合は質問してみる
  3. 自分が知ってる問題で困ってる人がいたら回答してみる

※2019年3月にプラットフォームが変更になり、それ以前の質問は検索しづらい状況です。お困りの場合はこちらの検索方法で試すと探しやすいかもしれません

ウェブマスター オフィスアワー

Google 社員に質問できて、YouTube で回答してくれます。また、Twitter のハッシュタグでは閲覧者による実況が行われており、たまに Google 社員の金谷さんが補足してくれたりします。

日本語版の質問と回答の流れ
  1. Google 社員:金谷さんが twitter で質問用と視聴用の URLを告知
  2. 質問がある方は開催日前に余裕をもって質問フォームに投稿
  3. 主に金谷さんと、質問や参加者により他の回答者が YouTube で 1 時間ぐらい回答(時間が足りなければ次回)
質問するときの裏技

基本的にサイト名などは伏せて質問することができます。質問の投稿欄に本文を記載する欄がありますが、その中でも公開したくない情報は、質問文の下のほうに「ここから下は紹介しないでください」と書いて細かい内容を記載したり、Google ドライブの共有 URL を利用して画像を貼ったりすることも可能です。

詳細は下記の動画にて↓

Japanese Webmaster Office Hours
(ウェブマスター オフィスアワー 2019 年 1 月 25 日)
https://youtu.be/nEyxmIENX2A?t=2593

英語が苦手でも英語版を確認する方法

@DeepCrawl@Marie_Haynes という Twitter アカウントが、定期的に文字起こしの記事を書いてくれています。Google 翻訳 を活用すれば、大筋は把握できます。

Google 社公式と社員の Twitter アカウント

リアルタイムに最新情報を知るなら Twitter がおすすめです。Google 社では公式アカウントだけでなく、各社員も個人アカウントにて情報発信をしてくれるので、検索に関わるツイートをしてくれるアカウントを主にまとめて紹介します。
(説明文は個人の感想です)

Google 公式以外の SEO 情報

検索にまつわる最新情報は、日々大量に出てきます。情報の量という観点では、皆さんが目にする SEO 情報では、Google 公式以外のもののほうが多いと思います。
その中でも「準公式」的に扱われるものは、オフィスアワー内での言及や Twitter での発言などがニュースソースになっている場合が多いです。

また、Google 本社はアメリカにあるので、最初の情報発信は英語の場合がほとんどですが、「発言が誰のもので、意図は何なのか?」は、SEO の界隈に限らず、すごく大事な要素です。
なので Google 翻訳 などを活用し発言の文脈や背景を確認すると、より理解が深まります。
この前提を踏まえたうえで、Google 公式以外の SEO 情報を発信しているサイトと Twitter アカウントを紹介していきます。

海外の SEO 情報ブログ

ちゃんと紹介しようと思うとものすごく数が多いので、 SEO 情報においてニュースソースが Google 社員の発言や公式アナウンスか、または大きめな規模の調査データから書かれた解説記事かという観点で 3 つ選定しました。

海外の SEO 情報アカウント

これも普段見ている Twitter アカウントが多すぎるので、だいぶ割愛して紹介しますが、既に紹介済みのアカウントと併せて確認していただくとより精度が高まると思います。
(※SEO 情報の速報性という観点から選出したので、他のすごいアカウントが欠落しているのは申し訳ありません)

国内の SEO 情報ブログ

もちろん国内にも、有益な最新情報を紹介するサイトはあります。基本的な選定基準は、ニュースソースを公開していることや、運営者が明らかであるか等です。また、元記事が英語の翻訳記事の場合は、なるべく正確に翻訳されているかも選定基準としました。

Google 品質評価ガイドライン解説 は速報性の観点からは少し外れますが、中級者以上の方には必須の情報が日本語で読めるので紹介しています

国内の SEO 情報アカウント

国内の Twitter アカウントも著名人が多すぎるので、個人的に SEO 情報の速報性の観点からピックアップしました。「僕が、私が」という場合には、ぜひ立候補ください。

まとめ

公式 SEO 入門ガイドと最新 SEO 情報の仕入れ方、いかがでしたか?
こうして見ると膨大な量の情報源に見えますが、例えば Twitter のリスト機能を活用してまとめると 1 日あたりの情報量は、そこまで多くならないと思います。

もちろん取捨択一も大事ですが、まずは公式情報から、そして信頼できる第三者情報の選定から、なるべく正しい SEO 情報を入手されることを願います。

それでは、またいつか!